ロゴ
HOME>Column>住宅寿命を延ばすことに繋がる!防水工事で家を守ろう

住宅寿命を延ばすことに繋がる!防水工事で家を守ろう

家の模型

防水工事をしたほうがいい理由

建物には必ず防水工事が施されていますし、それが建物の寿命を大きく左右することになります。防水は重要な建築工事の一つで、屋上や屋根、ベランダやバルコニーなどにも施されていますが、機能しているかどうかは素人目にはわかりません。雨漏りや水漏れがしてようやく機能低下を気付くことになりますが、そうした不具合がないと防水工事をしようとは考えないかもしれません。でも実際には家を正常な状態に保つのが防水機能の最大の役割なので、何事もない内からしっかり点検し、必要な補強や修繕を行うのが正解です。雨漏りや水漏れは、ぽたぽたと部屋に水が落ちて来るようなものばかりとは限らず、壁にシミや黒カビが出るような症状で現れる場合もあります。特に何もないから大丈夫だと過信すると、大切な建物の寿命が短くなってしまうかもしれません。

雨

タイミングをみて工事を依頼

自宅や所有する建物の防水機能に問題がないかは、専門業者の点検で知ることができます。何事もなくても築10年頃には定期診断を受けるべきと言われていますが、実際には年数に関わらず、台風や豪雨の後には点検したほうが良いでしょう。専門業者による点検は無料なのが一般的なので、気になるタイミングでこまめにチェックするのがお勧めです。修繕に関しては業者からの提案を受けて、急ぎではない防水工事なら頃合いを見計らって予算を確保し、タイミングをみて依頼する方法もあります。いずれにしても、家の防水機能は素人が見てもまず判断がつきません。屋根の防水などは、屋根だけでなく屋根裏も点検しなければ状況を正しく掴むことは出来ません。気になるからと言って屋根に上ってみても正しい判断は出来ませんし、非常に危険ですので絶対にやめましょう。